2008年6月8日

「僕の彼女はサイボーグ」を紹介します





















ゆうばりファンタとか、完成試写とか、チャンスはあったのに、結局、公開まで見る事ができなかった「僕の彼女はサイボーグ」を先週見てきました。




「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」の、あのクァク・ジェヨン監督が、文字通り、単身日本に乗り込んで、日本のキャスト、スタッフと作り上げた意欲作で、サイボーグの女性と人間の男性のなんとも変わったラブストーリーです。タイムスリップものにありがちな設定の破綻に落ち込まない、よく練られたホンをテンポよく展開し、最後まで飽きさせないストーリーテリングはさすがの一言。随所にちりばめられている、監督のオタクな感性も、楽しめる部分のひとつです。

サイボーグを演じた主演の綾瀬はるかは、ドラマ版「セカチュー」のヒロインとして、女優として確立されているような感じも受けますが、メジャーな作品の主演はこれが実質的にはじめて(厳密には「雨鱒の川」がありますが)。まちがいなく、彼女の代表作のひとつになるでしょう。なんといっても、女優さんを美しく撮るのには定評のある監督ですので、本作も綾瀬の魅力を余す所なく伝えています。

“ジロー”役の小出恵介は「初恋」(宮崎あおいとの共演の三億円事件を扱った作品)やドラマ「のだめカンタービレ」での真澄ちゃん役など、幅広い役者さんと注目してますが、チャ・テヒョン(『猟奇的な彼女』)と見まごうかのようなオタク、ヘタレぶりは、また彼に新しい魅力を加えたと思います。

後半は思いも寄らないVFX、CG使いまくりの大スペクタクル、SFな展開にびっくり。マジ、絵的にはスゲーです。ただ、ちょっと冗長だな、と思っていたのですが、最後のシーンに用意されている展開にその意味を知らされ、驚かされるばかりか、正直、感動すら覚えました。

ちょっと、というか、かなり変わった作品ですが、デートムービーとしても充分いけるじゃないかと思います。ただ、男性のみなさんは綾瀬はるかに見とれすぎないに気をつけましょう(^^);;
コメントを投稿