2009年7月27日

アイ・ウェイウェイ展開催。CC採用で展示室内の撮影自由に

四川大地震で亡くなった多くの子どもたちを思って、
中国の小学生が使用している布製ランドセルで制作した「蛇の天井」

25日から森美術館ではじまった展覧会『アイ・ウェイウェイ展』。同展では一般来館者の展示室内撮影を試験的に許可しています。「クリエイティブ・コモンズ」の枠組みを適用すれば、ブログや写真共有サービスでの掲載も可能となります。今回の措置は出展者である中国人アーティストのアイ・ウェイウェイさんとMAMプロジェクト出展の日本人ビデオアーティストの小泉明郎さんが承諾した事で実現しており、個展という性格上、可能となりました。