2013年8月27日

食とアートの「東北レストラン鉄道」


JR東日本の『TOHOKU EMOTION』ってプロジェクト、なんだか知れば知るほど、スゴい。ってか、こういうのをやりたいと思ってます。食とアートと旅って、僕の好きな要素が全部詰まってます。

TOHOKU EMOTIONは、東北の伝統工芸をインテリアのモチーフとした特別仕立てのレストラン列車です。タネ車はキハ110系の3両編成で、東北各地のローカル路線で活躍している気動車です。車内はレストランをそのまま再現したような作りで、1号車はコンパートメント個室、2号車はライブキッチン、3号車はオープンダイニングという構成です。




この特別な空間から、八戸〜久慈間の北三陸の美しい景色を楽しみながら、東北の食材に舌鼓を打つという、これまでにない趣向の列車です。久慈といったら、大人気の「あまちゃん」のロケ地(劇中では北三陸市)。ウニ、アワビといった海の幸はもちろん、いわて短角牛の産地もすぐそばです。2013年10月から2014年3月まで不定期運行されます。

ところでこのプロジェクトのメンバーがすごいです。

専用列車のエクステリア・デザインが奥山清行(僕的にはヤンマーのデザインは残念でしたが)さんとか、音楽は半沢武志(FreeTEMPO!)さんで、グラフィック・デザインはタイクーン・グラフィックス

何と言っても、アート・インスタレーションを十和田市現代美術館のキュレーションにより光のアーティスト、高橋匡太さんが務めているそうです。列車内という限られた空間でどのようなインスタレーションを見せてくれるのか楽しみ。

肝心の食の方は銀座アロマフレスカの原田慎次さんとの事。東北の地の食材でどんなイタリアンが楽しめるんでしょうか? 八戸駅発着の往路ランチコースが7,000円、復路デザートブッフェが4,000円、ランチ・デザートブッフェともに楽しめる往復利用だと割安の10,600円。都内発の新幹線利用の往復コースだと25,800円〜です。

考えれば考えるほど行ってみたい。

コメントを投稿