2013年11月7日

アップル新社屋をデザイン。              ノーマン・フォスター卿のドキュメンタリー公開に

モダニズムのモーツァルト、ロンドンをガラスの都市に変えた建築家。いずれもイギリスの建築家、ノーマン・フォスター卿に冠されたものです。78才で世界を飛び回るフォスター卿がいま手がけているのは、世界が忘れる事ができない地に立つTwo World Trade Center、そしてアップルが本拠地のクパチーノに建設を予定している新社屋、Apple Campus2でしょう。

大切なのは、物としての建物ではない。
私の死後も残る哲学がないと。
未来へと続く、生きた哲学のデザイン。
それが何より難しいし、実現出来たら誇らしい。
ノーマン・フォスター

ドイツ連邦議会新議事堂・屋上ドーム(1992年修復完了)

フォスターのドローイング


この最も注目されている建築家のひとり、ノーマン・フォスターの建築人生を追ったドキュメンタリー映画『フォスター卿の建築術』が、2014年1月3日より渋谷アップリンクにおいて、さらに順次全国公開されることになりました。


ドキュメンタリー「フォスター卿の建築術」は2014年1月3日公開


世界貿易センタービルの跡地に建設されるTwo World Trade Center(2015年完成予定)

フォスターが手がけるApple Campus2。カリフォルニア州クパチーノ市議会で上映されたプレゼン動画で、スティーブ・ジョブズから「ノーマン、手伝ってほしい事があるんだ、といわれその3週間後に現地を訪れた」と依頼があったことを披露。「最初から円形の建物を考えていたのではなく、だんだんそうなっていった。いくつもモデルを作り、何度もプレゼンを重ねる中で生まれたものだ。その徹底したプロセスは今も続いている」と語っており、徹底した論議を重ね、正解を見い出していくジョブズらしいプロセスがフォスターとの間にもあった事がうかがわれます。当初は2015年には完成の予定でしたが、より完成度を高めるために、現在は2014年度の着工を目指しているとか。ちなみに、残念ながら本作ではApple Campus 2は登場しません。


Apple Campus2の完成予想図

     —————————————————————————————


フォスターで僕が最初に思い浮かぶのは、やっぱり出世作の香港上海銀行・香港本店ビル。これは超高層ビルを太い鋼鉄フレームで支える構造が剥き出しになった、いわゆるハイテク建築と言われるもので、当時はフォスターと共に事務所を構えたリチャード・ロジャース(ロンドンのミレニアムドーム、日本テレビ放送網汐留本社など)、レンゾ・ピアノ(関西国際空港ターミナルビル、メゾンエルメス銀座など)とともに、ハイテク建築御三家として世界に知られる事になります。

香港上海銀行・香港本店ビル(1985年竣工)


その後、彼が手がけた東京・御茶の水に立つセンチュリータワーは香港上海銀行ビル同様、構造をファサードに露出させたものでありながら、それそのものは装飾的、様式的でポストモダンに近いものであったと思います。以降、フォスターの手がける建築は、ドイツ・フランクフルトのコメルツ銀行本店ビルや、MBFタワー(マレーシア・ペナン)やロンドン市庁舎ビル、さらにガーキンと呼ばれるスイス・リ本社ビル(ロンドン)のように、エコロジカルなものへと変化しました。


センチュリータワー(1991年竣工)

華やかな経歴に彩られているものの、2000年にロンドンに建設・開通したミレニアムブリッジは大きな横揺れの発生で3日後に閉鎖(2年後に再開通)されるという不名誉も受けています。


僕はフォスターを建築を通してしか知りえないわけで、フォスターがハイテク建築からポストモダン、そして最新のモダニズムへと変遷したその理由、それを支えてきた建築哲学に触れることができるかと思うと、いまから公開が待ち遠しいです。本作ではバックミンスター・フラーとの会話や、リチャード・ロジャース、リチャード・ロング、蔡國強、U2ボノといったフォスターに関わりの深い人々へのインタビューもあり、これもまた楽しみです。

     —————————————————————————————

Apple Campus 2:
宇宙船を思わせる巨大な円形の特徴的なデザインと、2011年当時にクパチーノ市議会への提示をスティーブ・ジョブズみずから行い、ジョブズの肝いりで進められていた事から、大いに話題になりました。ヒューレット・パッカード社から取得した98エーカーを含む150エーカーの土地に建設されるもので、中庭を円で囲むように曲面ガラスで構成された4階建の建物。1万3000人の従業員が勤務し、3000人収容可能なホールも用意されるそうです。自家発電施設も建設され、100を超える電気自動車のチャージング・ステーション、果樹園を含む6000以上もの木が植えられる、フォスターが手がけるだけに、エコロジカルな発想も盛りだくさんな次世代のオフィスとなりそうです。



クパチーノ市議会でのスティーブ・ジョブズのプレゼンテーション


映画『フォスター卿の建築術』
2014年1月3日(金)より渋谷アップリンクほか全国順次公開

監督:ノルベルト・ロペス・アマド&カルロス・カルカス 
出演:ノーマン・フォスター、バックミンスター・フラー、リチャード・ロジャース、リチャード・ロング、他(イギリス/2010年/英語/74分)
配給:アップリンク


    

2013年11月6日

あの、Photoshopの魔術師(いろんな意味で)、 ラッセル・ブラウン氏が東京に降臨


ちなみに文中にある記事とは以下のような記事です。古いなぁ~。ってことは僕も古いけど、ブラウンさんも相当古いってことだよなぁ()

ITmedia2004年01月22日

ASCII.jp2006年12月12日

ASCII.jp2007年11月22日


8日のキーノートに参加できたら、レポートします!

2013年11月5日

クリスチャンと呼ばれたライオン

ベンツのコンバーチブルに乗ったライオン。この写真をいつどこで見たかは忘れましたが、随分と昔に見たことがあり、この写真は一体なんなんだろう、と思ったのを強く記憶しています。



ライオンと一緒にベンツに乗っているのはオーストラリア人青年のアンソニーとジョン。1960年代の終わり、彼らは旅先のロンドンの高級百貨店ハロッズで一頭の子ライオンに出会い、心を奪われます。二人はその子ライオンを買い取って、クリスチャンと名付け、アンティーク家具店に間借りし、二人と一頭の共同生活がはじまります。気立つがよく、頭もいいクリスチャンは町の人気者になり、テレビに出たり、有名人が会いにきたりと楽しい日々が続きました。

夢のよう日々も、いつかは終わりを迎えなければなりませんでした。ふたりはクリスチャンを彼のふるさとに返す決心をします。二人と一頭はアフリカのケニアへと渡り、「野生のエルザ」で知られる野生保護動物活動家のジョージアダムソンさんの手を借り、クリスチャンを野生に帰すリハビリを行い、彼はアフリカの大地へと放たれました。

それから一年。二人はもう一度クリスチャンに会いたいと、再びケニアを訪れます。危険を承知の行動でしたが、二人がクリスチャンに会いたい気持ちは抑えられません。二人はクリスチャンに出会えたのでしょうか?


     —————————————————————————————


二人と一頭を追ったドキュメンタリー映画「CHRISTIAN THE LION」というDVDがあるのですが、残念ながら現在、日本では手に入らないようですが、YouTubeでダイジェストの映像を見ることができます。日本語を添えた動画もあります。





もっともいずれも相当端折っているので、じっくりご覧になりたい方は、アニマルプラネットが周囲の人々にもインタビューしたコンテンツがありますので、こちらをおススメします。


A LION CALLED CHRISTIAN(アニマルプラネット)

     —————————————————————————————

動画をご覧になった方には説明は不要とは思いますが、クリスチャンに会いにケニアに行ったアンソニーとジョンはどうなったのでしょうか。

もうクリスチャンは二人を憶えていないだろう、という周囲の忠告を押しのけ、彼らはボスとして群れを率いるクリスチャンが住むエリアに入っていきました。名を呼ばれると岩陰から姿をあらしたクリスチャンは、彼らのもとに走り寄り、飛びつき、抱きついてきました。クリスチャンはふたりの事を忘れてはいなかったのです。さらにクリスチャンは野生に返ってから出会ったガールフレンドを二人に紹介しました。

翌年も彼らはクリスチャンに会いにケニアに行きましたが、立派に成長したクリスチャンは姿を見せたものの、以前のように二人に無邪気に飛びつくことはありませんでした。さらにその次の年、ジョンだけがケニアを訪れましたが、もうクリスチャンの姿を見ることはなかったそうです。

     —————————————————————————————

40年を経た数年前、この二人の青年とライオンの物語は、YouTubeを通じて世界中で再び話題となり、多くの人々を感動させることになりました。





2013年11月4日

第26回東京国際映画祭を振り返って

第26回東京国際映画祭(TIFF2013)が終了して一週間が過ぎました。今年はこれまでのTIFFとは大きく異なるオープニングになったように感じました。

毎年恒例となっているグリーンカーペット。昨年までは六本木ヒルズの南側を貫くけやき坂にエコを象徴するリサイクル素材で製作されたグリーンカーペットが敷かれ、世界中からやってきた俳優、映画監督ら映画人たちが、坂下の六本木六丁目交差点に降り立ち、坂をのぼりながら沿道に集まった映画ファンの声援や握手やサインの求めに応じる。まさに映画祭のオープニングを飾るに相応しいイベントで、一般のみなさんと同様にプレスエリアから取材するプレス関係者も、その非日常を大いに楽しんでいました。

ところが今回のグリーンカーペットはけやき坂には敷かれず、六本木ヒルズの敷地内となる六本木ヒルズアリーナのみで行われました。アリーナのみにレッドカーペットを敷いて行うイベントは映画のプレミアイベントとして、頻繁に行われていて比較的珍しくなくなっていて、世界に向けて行うカーペットイベントとしてはなんとも地味で華やかさに欠けるものとなってしまっていたのは大いに残念でした。

例年はプレスエリアの一番下、つまり坂下にもっとも近く映画人を最初に撮影できる、芸能専門のプロカメラマンのみなさんが陣取るポジションにいて、とっても美味しいショットをおさめることができ、時には女優さんに目線をバッチリいただくこともできていました。が、今年はステージ前のプレスエリアで、なんとも動きのない写真しかおさめることができませんでした。これにはおなじプレスエリアにいたカメラマンの方が、「これじゃあ、オフィシャルと同じ絵しか撮れねぇじゃん」とボヤいていたのには、僕も大変同感でした。

それでもグリーンカーペットに登場した、長澤まさみさんや栗山千明さんといった女優のみなさんが大いに映画祭の花を添えていました。






男性陣も若手のイケメン俳優、とりわけ岡田将生さんがふたつの作品でウォークして大活躍でしたが、どうも登壇したみなさんはいまひとつノっていない、もしくは緊張しているというか、居心地の悪いような感じが伝わっていました。その理由がイベント終盤にわかりました。




世界の映画界のエグゼクティブであるフランシス・フォード・コッポラ監督が来日しているにも関わらず、中盤の登場という扱いだったのは、この方が登壇するためだったのかもしれませんね。もちろん、安倍総理の登壇は集まった映画ファンにはサプライズとして受け入れられ、大いに盛り上がりました。

しかし、2週間以上を経て冷静に考えると、けやき坂でのイベントを取り止めたのも、警備上の理由とかが考えられそう。例年はグリーンカーペットにはプレスIDは必要なかったにも関わらず、今年はIDなしでは入れないという扱い。これも、警備上の理由だったのかも。もちろんこれは僕の憶測に過ぎませんが……。

いずれにしても、映画ファンのための映画祭であるのに、百歩譲って政治家が登壇するのはいいとして、トリを務めるのはやはり映画人であるべきではないかと感じます。来年は例年通りのグリーンカーペットに戻していただいて、政治家のみなさんは劇場でのオープニングセレモニーのみの登壇とかにしていただければなぁと。

2013年11月3日

容量無制限のクラウドストレージ。       Bitacasaって使える!?





一部で話題になっている容量無制限のクラウドストレージサービスの「Bitcasa Infinite Draive」ですが、11月1日からまずは無料の10GB制限のサービスを試用しています。

現在、外出時に使用しているメインマシンのMacBook Airの主要データのバックアップ、自宅で平行作業用に使っているMacBookのデータの中から外出時に必要になる可能性のあるフォルダをバックアップしています。MacのクライアントソフトとiOSのクライアントアプリを使ってみていますが、どちらも快適に動作しています。

MacBook Airからアクセスしてみていますが、いまのところ、無線LANで接続されている状況ではノンストレスでデータの閲覧ができています。動画のデータも快適とまではいきませんが、速度さえ確保されていれば、スムーズに閲覧できています。メディアストリーミング機能があるためか、QuickTimeでは再生できない動画データもそのまま再生できています。

今後はスマートフォンからのアクセスに支障がないか、外出先で確認したいと思いますが、もっとも心配なのはこのあたりですね。サービスそのものに支障はなくとも、通信環境次第でサービスが使えなくなる可能性があるのは、どのストレージサービスも同様なんですけどね。

Google Chromeの拡張機能、Bitcasa Everywhereも使ってみましたが、画像を直接、Bitcasaにダウンロードできる機能はユニークですね。でも、あまり画像をダウンロードして使う事もないし、ダウンロードした場合はデスクトップにおいてなんらかの作業にすぐに使ったりするので、もうちょっとなんらかの目的がないと使わないかも。そもそもメインブラウザがSafariなので、このサービスそのものがSafariに実装されないとわざわざChromeを立ち上げて使う可能性は低いかなぁ。

ところで、現在は10GBの無料サービスを試用していますが、空き容量を見ると562.95TB!となっています。これって無制限サービス(年額99ドル/約9,800円または月額10ドル/約990円)の契約をした場合、これだけの空き容量が確保されているってことなんでしょうか?




容量無制限って響きは魅力的ですが、10GBで無料なら100GBで年額1,000円ぐらいでやってくれるといいなぁ、とか思ってみたり。

11月の「八重の桜」オープニング・コラボレーションは「テマヒマ展」のあの映像




テマヒマ展とは昨年、21_21 DESIGN SIGHTで開催された展覧会で、同展をレポートしたエントリー『「テマヒマ展<東北の食と住>」で触れる、知られざる東北の手業 ー 21_21 DESIGN SIGHT』がありますので、詳しくはそちらをご覧ください。テマヒマ展の映像や展示の一部は21_21 DESIGN SIGHTで現在、開催中の「日本のデザインミュージアム実現に向けて展」で見ることができます。


こういうタイトルになっていますが、実際のところ、21_21 DESIGN SIGHTが
オープン以来、開催されてきた展覧会を紹介する内容になっています。

こんな感じで映像も一緒に見られる、ミニ「テマヒマ展」状態で展示されています。

  企画展「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」
  会 期: 2013年10月25日(金)〜2014年2月9日(日)
  休館日: 火曜日(12月24日は開館)、年末年始(12月27日 - 1月3日)
  開館時間:11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
  入場料: 一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
       *15名以上は各料金から200円割引
       *障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料