2014年5月26日

百貨店でワクワク。ISETAN-TAN-TANが話題

最近、百貨店にいきましたか? 近所のイオンやイトーヨーカドーの事じゃありませんよ。そう、三越とか阪急とか、あの百貨店です。元百貨店員だから肩を持つわけじゃありませんが、このところ、百貨店、がんばってます、っていうかおもしろくなっているな、と感じてます。




もちろん品揃えに関しては、近所の巨大ショッピングモールの方が取り扱い点数が多いだろうし、原宿や青山のセレクトショップの方が専門性が高くて気の利いたものが多いだろうと思います。でも、それらにないものが百貨店にはあります。

僕がこどもの頃は家族揃って百貨店に行くのが一大イベントでした。百貨店に行く時には、僕と兄は一張羅を着させられ、父も一番いい背広に大切にしている帽子、母親にいたってはウチにこんなご夫人がいたんだろうかという変身ぶりでした。そして、百貨店に行く時は、必ず映画がセットになっていました。百貨店に行く、それだけで、もうワクワクだったのです。百貨店はエンターテインメントだったのです。

こうした百貨店に行く際に抱くワクワク感は、百貨店の演出にもあります。例えば、今年4月に100歳を迎えた日本橋三越本店のライオンや、同店の4層吹き抜けに届かんばかりの「天女(まごころ)像」(佐藤玄々)がそびえる中央ホール、大阪梅田にある阪急うめだ本店の重厚なファサードやきらびやかな天井、9階に設けられた3フロア吹き抜けの広場なども、そうした劇場的空間の演出のひとつと言っていいでしょう。

このようにハードウェア面での演出が目立ちがちですが、実はそれ以上に百貨店の劇場的演出を盛り上げているのが「接客」です。開店時に店員が並んで、うやうやしくお客様を迎え入れたり、エレベータの乗降をエレベータガールが案内したり、商品を渡す際にわざわざカウンターから客側に出てきて手渡したり…、上げればキリがありません。こうした接客を過剰だと感じる方も少なからずいらっしゃるようですが、これを演出だと思って楽しめばいいのだと思います。ワクワクを感じて、百貨店を楽しんでもらえたらな、と思います。





ところで、そんな百貨店のワクワクを音楽にのせた歌が話題になっています。矢野顕子さんが手がけた伊勢丹オフィシャルソング『ISETAN-TAN-TAN』です。伊勢丹が大好きという矢野顕子さんが同店のショッピングバッグの柄として知られるタータン柄のリニューアルに合わせて制作されたそうです。コーラスには娘の坂本美雨さんが参加しています。

この曲に合わせて、伊勢丹の店員自らが踊るプロモーションビデオが話題に拍車をかけています。同店がこうしたプロモーションビデオを制作するのは今回が初めてという事ですが、僕の知る限りでは店員が踊るオフィシャルのプロモーションビデオなんて、初耳です。ビデオ制作に参加したのは、同店の国内はもちろん世界中の各店から、販売員を中心に約500名以上。振付はPerfumeの振付やライブ演出を手掛けているMIKIKOさん。

冒頭のカフェシーンでフラッシュモブかと思わせる演出がうまいな〜と思わせます。そして、開店時のお迎えを思わせるシーン、シーン転換で案内嬢が次のシーンへ誘う演出。もうそこここに百貨店体験が詰まっています。なんといっても、アッコちゃんのワクワク感いっぱいの楽曲(ご本人も2′38″ごろに登場します)、楽しそうに踊る店員のみなさんの表情がグッドです。

ね、百貨店、楽しそうでしょ。

『ISETAN-TAN-TAN』はiTunesで購入できます。
ISETAN-TAN-TAN - Single 矢野顕子


   


コメントを投稿