2014年6月13日

アップルストア表参道店、オープンまでの舞台裏映像を公開!

建設中から “マックの後地にMac” と話題になっていたアップルストア表参道店。青山通りにかなり近い表参道の中腹より上という場所。隣がアニヴェルセル青山、はす向かいに捻りを加えたような独特なシェイプの外観で話題になったヒューゴ・ボスなど、ブランドショップなどの独自性の高い建物が立ち並ぶロケーション。ここにアップルストアが出店するとなれば、中途半端なものができるわけはないと思っていましたが、それは、仮囲いをとってみても、公開前から意気込みを感じさせるものがありました。


5月30日夜。仮囲いでおおわれています。葉でかたどられたアップルマークが印象的

その仮囲いに「Apple Store, Omotesando もうすぐ。」のコピーが

まだこの時点でどんな建物かはわかりませんが、建物はスケールは推測できます

仮囲いは唐突に取り払われました。てっきり公開直前に覆いを取り外すものと思っていたのですが、出し抜けにその美しい外観をあらわにしました。

街路樹のけやきとガラスで被われた建物のコンビネーションには、けやき並木が美しい仙台の青葉通りに立つ、せんだいメディアテークの佇まいを連想させます。また、3面をガラスウォールで構成され、天井に蓋をしたような構造を正面からみた外観は落ち着きと優美さが感じられ、首相官邸のそれを思い起こします。

けやきがある事で、夏、店内で木洩れ陽を感じたり、秋、落ち葉が前の歩道を被ったり、日本の四季を感じさせる素敵な場所になりそう。これからは表参道の待ち合わせは交差点の交番前じゃなく、アップルストア表参道になりそうですね。


6月10日。グランドオープン3日前に仮囲いが取り払われました!

これまでのメタルパネルを多用したファサードとは異なり、
3面がガラスカーテンウォールのシンプルでクリアな外観に

そして、12日、雨の中、プレス向けの内覧会が行われました。シニア・マーケットディレクターのDenny Tuzaさんは「表参道という(世界的な建築が立ち並ぶ)場所からインスピレーションを得て店づくりをしました」と熱く語っており、思い入れ深くつくられた事がひしひしと伝わってきました。


6月12日。プレスプレビューではじめて内観が公開されました

その思い入れの表れのひとつとして、貴重な映像が公開されました。オープンに向けて準備をすすめる舞台裏を追ったもので、こうした映像が公開されるのは前例のないことではないでしょうか? まさにユーザだけなく、アップル社内、スタッフにとっても待ちに待ったオープンがあと数時間後に迫っています。CEOのティム・クック氏も「いよいよこの日がやってきました」と日本語を交えてツイートし、表参道店のオープンを待ち望んでいるようです。










コメントを投稿