2014年10月3日

今年度最高の音楽映画! おっさんでなくとも必見の「ジャージー・ボーイズ」




映画「ジャージー・ボーイズ」を観てきました。

今日は一日暑くて、かといってエアコンをつけるほどでもないので、昼から近所のカフェで仕事をしていたんですが、午後になってヒマな?マダム達が増えて、仕事するには辛くなったので、カフェを出て、なんとなくシネコンに寄ってみると、ちょうどこの映画がはじまるところでした。ワーナーは試写の案内が来たりこなかったりなのですが、これははじめから見るつもりでいたので、迷わず観てきました。

ニュージャージー州のイタリア系アメリカ人4人が結成したフォー・シーズンズの栄光と挫折を描いた作品。もともとはジュークボックスミュージカルとして人気の舞台ですが、なんとなんと、本作の監督は、あのクリント・イーストウッド! まさか彼がミュージカルを手がけるとは思いもよりませんでした。

実は僕はミュージカルがちょっと苦手。タモリさんのように毛嫌いして一切観ないというわけではないのですが、あの唐突にキャストが歌いだしたり、下手すりゃ踊り出すのは、何度見ても違和感を感じてしまうのです。ところがこのイーストウッド版「ジャージー・ボーイズ」はその違和感をまったく感じさせない。ストーリーから音楽へスムーズに入っていくあたり、音楽好きでも知られるイーストウッド監督ならでは。

物語は、ニュージャージー州という田舎で行き先の見えない日々を送る、天性の歌声をもったフランキー、刑務所を出たり入ったりのワルだけどグループを引っ張るトミー、それを見守るニック、そして最後に加入し名曲の数々を生み出すボブの4人が音楽で成功していく姿を描いています。

最初にグループを成功に導くのが「シェリー(Sherry)」。グループはエド・サリバンショーに出るまでの人気グループになるも、終わらないツアーの日々に疲弊し、フランキーの家族は崩壊。さらに問題の多かったトミーが実はメンバーには内緒で莫大な借金を作っていたことに直面し、グループは空中分解。それでも自分を拾ってくれたトミーのために、フランキーはすべての借金を返すまで面倒をみるとして、ソロとして活動を続けます。

そして、ようやくトミーの借金を返したその日、フランキーを超える声域を持ち、母親の美貌も兼ねた、大事な娘がドラッグの餌食となって、この世を去ります。失意のフランキーの元に、パートナーとして作曲を続けているボブが一枚の譜面を持って現れます。気が乗らなかったフランキーに、「悲しみを乗り越えなければ」とフランキーを励まします。ボブは制作を渋るレコード会社を説き伏せ、ついに新曲のレコーディングがはじまります。そして、このメロディが流れはじめ……

You`re just too good to be true
Can`t take my eyes off you
You`d be like heaven to touch
I wanna hold you so much

ここにフランキー・ヴァリ、ソロとして初の大ヒット曲が生み出されました。

ボーイズ・タウン・ギャング、シーナ・イーストン、ペット・ショップ・ボーイズ…、もういったいどれだけのアーティストがカバーしたかわからないこの名曲ですが、僕はずっとこの「君」は恋人のことを歌っているのかと思っていましたが、本当のところは、ボブがフランキーの事を想って、永遠に去ってしまった彼の娘の瞳のことを歌ったのかもしれませんね。




映画「ジャージー・ボーイズ」公式
http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys/


コメントを投稿