2015年8月20日

新宿にまたゴジラが出現!新宿クリエイターズ・フェスタ2015

砂像ゴジラは9月27日まで新宿中央公園の水の広場で公開中

瓦礫からゴジラの頭部突き出し、土台の脇からゴジラの爪が

新宿駅周辺各所において繰り広げられるアートイベント『新宿クリエイターズ・フェスタ 2015』。2015年8月21日(金)の開会に先駆け、砂像彫刻家・保坂俊彦さんの手による砂像『ゴジラ』がお目見えした。頭上には「ゴジラVSキングギドラ」でゴジラが破壊した都庁庁舎が精密に作りこまれ、背面にはキングギドラ、側面にはモスラ、ラドン、メカゴジラといった人気の東宝怪獣が。

会場のひとつである新宿中央公園・水の広場に設けられた特設会場にはおよそ50トンもの砂を持ち込んで制作されたもの。8月10日より制作が続けられてきた。完成間近になっての天候の急変で、完成が危ぶまれたが、あとは土台部分に描かれた怪獣たちを仕上げて完成となるようだ(19日12時現在)。

背面にはキングギドラ!

右側面にはガイガン、ラドン、未完成だがヘドラらしきものも

左側面にはメカゴジラ、モスラ、メガロが。土台には10体ほどのサブキャラを描く予定だそうだ

保坂俊彦さんは2013年夏の江ノ島での「進撃の巨人」砂像も記憶に新しい、砂像彫刻家のひとり。東京藝術大学在学中より砂像制作をはじめ、世界各地で開かれる砂像コンテストに日本を代表する招待作家として参加するアーティスト。砂では難しい人体や動物等の表現に優れ、高い評価を得ている。

9月27日まで公開。砂像には完成後、定着剤が吹きつけられ2,3ヶ月は形を留めることができる。

炎天下、砂像制作に取り組み保坂さん


砂像の都庁の目の前には都庁が

http://www.scf-web.net
コメントを投稿