2017年8月9日

8月26日公開のロジャー・スポティスウッド監督作品『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のマスコミ試写に行ってきました。実話をもとにしたジェームス・ボーエン原作の「ボブという名のストリート・キャット」(辰巳出版)を映画化したもの。薬物依存から抜け出そうとしているストリート・ミュージシャンのジェームズが野良猫ボブと出会い、再生の奇跡を起こしていく。猫、YouTube、Instagramなど、いま流行のキーワードが引き起こした奇跡、という側面から見てしまうとつまらなく感じるが、動物の無償の愛、セカンドチャンスを支える人々の愛、親としての向き合い方に悩む父の愛などに支えられ、人生はやり直せるという事を身を以て実現した男の姿から、勇気と感動をもらった。もう見ている途中から目頭が…。ぜひ、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座など劇場で。


via Instagram http://ift.tt/2uo0PdT
コメントを投稿