2014年2月26日

映画「魔法使いの弟子」がもたらした魔法?

さて、ぼちぼち寝ようかなと思ったら、地上波でこんな映画やってる。昨日は昨日で「キックアス」やってて、その前はオリンピックの閉会式。なんだか毎晩、朝までテレビにつきあわされてる感じ。



ところで、この映画『魔法使いの弟子』(2010年)はご存知の通り、ディズニーの名作「ファンタジア」(1940年)に出てくる“魔法使いの弟子”をベースにしており、制作と主演のバルサザール役を務めたニコラス・ケイジが企画し、大ヒットシリーズ「ナショナル・トレジャー」のチームが再結集して制作された作品です。製作はジェリー・ブラッカイマー、監督はジョン・タートルトープ。





芸術性の高いアニメーションを目指して製作した「シリー・シンフォニー」シリーズや「白雪姫」に飽き足らなかったウォルト・ディズニーは、より高い芸術性をもった「ファンタジア」を製作しました。レオポルド・ストコフスキーの指揮、フィラデルフィア管弦楽団の演奏するクラシック音楽をバックに、さまざまなストーリーの短編アニメーションが展開していく同作では、デュカスの「魔法使いの弟子」をバックに、魔法使いマーリンの弟子に扮したミッキーマウスが掃除をさぼって魔法を使ってとんでもない事態を引き起こしてしまいます。





その“ファンタジアの「魔法使いの弟子」” をモチーフとして、まったく新しいファンタジーアクションとして製作されたのが本作というわけです。実際、ファンタジアでミッキーが起こした失敗と同じエピソードが本作にも登場します。

かつての偉大な大魔法使いマーリンの弟子で、第777代目の最高指導者であるバルサザール(ニコラス・ケイジ)は、千年もの間、後継者を探していたが、現代のニューヨークで“選ばれし者”、デイヴ(ジェイ・バルチェル)と出会う。物理オタクで、ケンカひとつしたことない大学生で困惑するデイヴを一方的に弟子にし、魔法を教えようとする。そのころ、バルサザールの宿敵、マクシム・ホルヴァートら邪悪な魔法使い“モルガニアンズ”は史上最悪の女魔法使いモルガナ・ル・フェイを蘇らせるようと暗躍しはじめる。デイヴは見事、魔法使いとして覚醒するのか? モルガニアンズの陰謀をバルサザールとデイヴは阻止できるのか?

映画としての評価も興行成績も中ぐらいの評価で、まぁ、なんとも中途半端な印象のある作品ですが、僕は結構好きな作品です。それ以上に僕にとっては忘れられない作品なのは、作品の内容ではありません。公開されてすぐに見に行けなかった本作は公開最終週になってようやく見に行く事ができたのですが、スケジュールの関係から、見に行く事ができたのは、ご近所のシネコンに、それも雨模様の水曜の夜の最終回に、ひとりで、というシチュエーションでした。

シネコンのロビーにしてはほとんど人もいなくて、もしやとは思ったのですが、なんとの200席近くあるスクリーンに、観客はたったひとり。そう、願ってもまず実現する事のない、貸し切り! だったのです。こんな贅沢な事はありません。バカみたいに回りを何度も見回してみたり、指定した席以外の席にわざわざ座ってみたり、本来ならゼッタイ起こられる事をしてみたり……。

そんなわけで「魔法使いの弟子」は忘れられない作品なのです。







   
コメントを投稿