2012年3月26日

六本木アートナイトに響き渡った我武者羅應援團のアツいエール、遠藤一郎「愛燦燦」の熱唱、そして渾身の「いっせ〜の〜せ」!

六本木の夜にアツい「LOVE」を届けた未来美術家・遠藤一郎さん
遠藤さんに負けずにアツい我武者羅應援團が見事な演舞を披露!

六本木の夜、「六本木アートナイト 2012」の会場に、アツい漢たちの魂からの叫びが響き渡りました。

六本木アートナイト2012の広域プログラム「遠藤一郎《未来へ号 RAINBOW JAPAN 2012》」の最初のアクトとして『遠藤一郎 いっせ〜の〜せ with 我武者羅應援團』が、24日の20時ごろから来街者でふくれあがる六本木ヒルズアリーナで行われました。


ヤヨイちゃん、リンリンの前に仁王立ちになった厳つい漢たち(凛々しい女性もいますが)。似つかわしくない光景ですが、彼らこそ、世界中を応援する『我武者羅應援團』。ラグビーやバレーボールといったスポーツでの応援は当たり前、果ては姫路城や皆既日食、初日の出までガチで応援する彼ら。フランスに行って応援し、昨年の紅白ではファンキーモンキーベイビーズとともステージにたち、テレビを通じて多くの人を応援する、世界に認められたアートパフォーマンスとして応援を行う集団なのです。

今回は遠藤一郎さんのアート活動に共感し、遠藤さんとともにアートを、日本を応援するためにこの会場にやってきました。


かわいらしいヤヨイちゃんの前になぜかイカチー漢たちが?
手抜かりなしのマジもんの応援パフォーマンスに客席は凍り付いた

武藤貴宏團長を中心とした我武者羅應援團の応援パフォーマンスが一段落すると、ステージ反対にあるテレビ朝日側のスクリーンに遠藤さんの活動を紹介する映像が上映されました。

遠藤一郎さんは車体に大きく「未来へ」と描かれた『未来へ号』(“未来へGO”と“未来へ号”をかけている)に乗って車上生活をしながら日本中を駆け巡り、旅先で出会った人々にその人の夢を車体に書いてもらい「GO FOR FUTURE」のメッセージを発信し続けています。各地のアートイベントでの展示やパフォーマンスを行っており、25日まで3331 Arts Chiyodaで行われていた「『つくることが生きること』東日本大震災復興支援プロジェクト展」においても、「未来へ号」を展示していました。

今回、六本木アートナイト2012で披露した『RAINBOW JAPAN 2012』は、今年のはじめにこれまで同様に日本中を巡りながら夢やメッセージを書いてもらい、その足跡をGPSログに記録することで、足跡でそのまま日本地図上にメッセージを描いてしまおうというプロジェクト。

鹿児島県庁で県知事にメッセージを書いてもらう事からスタートし、九州、中国、四国、近畿、東海とめぐり、岐阜〜和歌山では関ヶ原を起点に伊勢を終点とする偶然(必然?)にも出会い、関東で描くはずだった「の」が途中、富士山周辺の積雪で通行止めになり、そのための大回りの「の」を甲信越まで足を伸ばして描くことになるなど、さまざまな出来事に遭遇しながら、被災地・東北、厳寒の北海道を巡りました。映像ではその様子を放送作家でミュージシャンの倉本美津留さんの書き下ろしによる曲にのせて紹介されました。

そして、遠藤さんが日本に描いたメッセージ『いっせ〜の〜せ』ができあがりました。



遠藤一郎さんと我武者羅應援團のコラボ。六本木アートナイトでなければ実現しなかった奇跡かも?
氷点下の北海道をわずか一週間で踏破!
通行止めによるルート変更で描いたのは、世界最大の「の」!


映像での紹介が終わるといよいよ遠藤さんが「未来へ号」に乗って、六本木ヒルズアリーナに乗り込んできました。遠藤さんが未来へ号の屋根から登場すると、我武者羅應援團も未来へ号の前に。さらに遠藤一郎さんへのエールを送りました。



熱狂的な遠藤ファン?から、これまたアツい遠藤コールが
遠藤さんが屋根の上に登場。そのまま屋根がステージ

なぜ遠藤一郎が応援するのかを熱弁する武藤團長。「遠藤一郎はみずからももがいているからだ!」


我武者羅應援團の応援と演説が終わると、遠藤さんはおもむろに巨大な旗を掲げ、振り回し始めました。まるで應援團の団旗のような巨大な旗には「LOVE」の文字が。いままさに日本に、そして世界に必要な言葉を掲げ、「愛」の大切さを無言で伝えているようでした。ところが、ひとしきり旗を振ると(もう死にそうな体でしたが)、遠藤さんはなんと今度は「愛燦燦」を熱唱しはじめました。「愛燦燦」は言わずとしれた、美空ひばりさんの名曲。愛を伝えるにはこれ以上の曲はありません。最後はマイクを通さず生声で歌いきりました。



すげ〜重そう。これで遠藤さんも旗持ちとして我武者羅の一員?
テレビ朝日の前が一体感で包まれた
「愛燦燦」を熱唱する遠藤さん。しかし、いい曲です。染みます


「愛燦燦」を歌いきり、息も絶え絶えの遠藤さんは、次に今回描いたメッセージ「いっせ〜の〜せ!」の掛け声とともに、その場でジャンプして欲しいと訴えました。それは、疲弊した日本の中にいながら、俯きがちになったり、後ろ向きになりがちないまの時代にあって、少しでも前を向いてほしい、前に進んでほしいという遠藤さんの願い。ひとりひとり、それぞれの一線を超えて、次に進むのを促すかのようでした。

遠藤さんのコールにあわせて、我武者羅應援團も熱のこもったコールを繰り出し、コールを繰り返すにつれ、大きくジャンプする人々が続々と増え、いつの間にかアリーナは「いっせ〜の〜せ」のコールとジャンプで埋め尽くされていました。まさに一夜限りの奇跡でした。

六本木アートナイト2012 いっせ〜の〜せ with 我武者羅應援團

いっせ〜の〜せ!
いっせ〜の〜せ!!
スゴい光景! みんながジャンプしてる
最後は我武者羅應援團も乗せて次の応援に向かっていった


今回の遠藤一郎さんと我武者羅應援團のコラボレーションは、僕の思いつきでした。遠藤さんからアートナイト出演について話を聞いた時、アリーナのスロープを降りてくるバス(未来へ号)の絵がすぐに思い浮かび、その前では、遠藤さんを待ち構える黒服の男たちの絵がスッと浮かんできました。

すぐに我武者羅應援團に連絡を取り、両者を引き合わせたところ、團長の武藤さんから遠藤さんへの厳しい質問が飛び出し、その場は凍り付くような険悪な雰囲気に。才能と才能を引き合わせるのを得意とする僕ですが、今回は失敗だったかと思った矢先。武藤團長が手を差し出すと、「感動しました。共感しました」の言葉が。その瞬間、当日、大成功する姿が僕には見えていました。



こちら、本家の美空ひばりさんの『愛燦燦』。名曲ですね。


コメントを投稿