2010年9月23日

「センチメンタルな夏」に胸を締め付けられる

『アラーキー センチメンタルな夏』NHK総合/デジタル総合 9月23日18:10〜18:45

写真家・荒木経惟さんのセンチメンタルな夏を追ったドキュメントが明日23日の夕方、NHKで放送される。

荒木さんと言えば、20年前、僕が西武百貨店書籍部に勤めていた頃、リニューアルしたリブロ池袋で、荒木さんの愛猫・チロを撮った写真集『愛しのチロ』の写真展を行った事を思い出す。荒木さんにご協力いただいて、写真集の中から数点を自らプリントしていただき、展示・販売した。ほとんどが展示前に完売状態という好評をいただいたのも、荒木さんの人気を考えれば、当然と言えば当然か。僕も一点でも欲しかったのだが、それでも主催側という事で遠慮してしまったのはいまでも悔やまれる。

当時、僕が住んでいた小田急線の駅が荒木さんのお住まいになっていたところと近い事もあって、その後は何度か新宿で呑みに誘っていただいたりして、最終の経堂行でご一緒させていただいたりした。いい気分で酔っている荒木さんはいつ何時もカメラを手放さず、終電で酔いつぶれている女性を撮りまくって、「いいねぇ〜、エロいね〜」とうなっていた。

荒木さんは、「愛しのチロ」を上梓したのと前後して、最愛の奥様・陽子さんを亡くしたばかりで、プリント作業などやっていただけるわけもない状態だったはずだが、きちんと期限までにご用意いただいた。仕事が寂しさを埋めてくれるという簡単な事でもなかったと思う。

そして、20年を経たこの春、そのチロが22歳で大往生したと聞いた。荒木さんに寄り添っていたというチロがいなくなり、荒木さん自身、がんに冒されているという。これまでにない喪失感と向き合う事となったことしの夏の荒木さんを追ったドキュメントを、僕は最後までまともに見る事ができるだろうか。


コメントを投稿