2009年12月5日

【おしごと】第13回文化庁メディア芸術祭受賞作品発表会

細田守監督も駆け付けた 第13回文化庁メディア芸術祭


2009年11月12日

これははずせない。『海底軍艦』DVD



東宝特撮映画DVDコレクションの第4弾『海底軍艦』をゲットしました。一昨日、発売だったにも関わらず、昨日、4件回って入手できず、先ほどようやく紀伊国屋書店で入手できました。


2009年11月11日

【おしごと】明治大学がマンガ図書館(週刊アスキー)

週刊アスキー11月24日号(11月10日発売)に「明治大学がマンガ図書館」の記事が掲載されました。原稿をマルチポストしているわけじゃないですけどね(笑)



【おしごと】明治大学がマンガアーカイブ設立へ

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/11/10/manga/index.html

2009年11月10日

【おしごと】『アバター』プロデューサに聞く

ASCII.jp 11月7日
3D映画「アバター」の魅力、プロデューサーが語る

巨匠ジェームスキャメロン監督の最新作「アバター」のプロデューサー、ジョン・ランドー氏に「アバター」の魅力、「アバター」関連のゲームについて聞きました。

インタビューしたリッツカールトンの部屋で、熱心にゲームについて語ってくれたプロデューサーのジョン・ランドー氏。

東京国際映画祭初日のグリーンカーペットに登場したシガーニー・ウィーバーさん。ジェームス・キャメロン監督作品の常連だが、思い出すのはやはり「エイリアン」。当時を考えれば、まさに大女優といった貫禄。

記者会見での出演者のみなさん。右からグレイス・オーガスティン博士役のシガーニー・ウィーバーさん、主人公・ジェイク役のサム・ワーシントン氏、ネイティリ役のゾーイ・サルダナさん



2009年10月29日

マクドナルドにハワイ!?

マクドナルドが大宮、川口、蕨など埼玉県限定で4つのハンバーガーをテスト販売しています。

写真は大宮西口店などで販売されている「ハワイ」。グレービーソースとタマゴが特徴でかなりボリュームがあるカンジです。バンズがちょっと変わってますね。結構、うまいです。パテはクオーターパウンダーと似たカンジで、さらに分厚いかな?

この他、「テキサス」、「ニューヨーク」、「カリフォルニア」があるようです。11月6日までの期間限定販売だそうです。なお、この限定商品、同社のサイトのどこを見ても見つかりません。テスト販売ってやはりそういうもんなんですかね?



2009年10月23日

【おしごと】“コミケの父”を記念したマンガ図書館

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/22/yonezawa/index.html

2009年10月18日

【おしごと】美術館もTwitterで情報発信

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/16/KawaguchiTatsuo/index.html

2009年9月22日

【おしごと】TOKYO FIBER凱旋展リポート

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/09/22/fiber/index.html

【おしごと】御朱印展。ご利益というポイントがたまる大人のスタンプラリー

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/09/17/goshuin/index.html

2009年9月16日

今年のTIFFの目玉は………1、2、3、ダァーッ?

左から『ACACIA』の辻仁成監督、映画祭大使の木村佳乃、
グリーンアンバサダーの杏、『ACACIA』主演のアントニオ猪木

16日、第22回東京国際映画祭(TIFF)の記者会見が六本木ヒルズの六本木アカデミーヒルズ49Fにあるタワーホールで行なわれた。今年もものすごい数のマスコミや映画祭関係者が出席した。映画祭は10月17日から25日まで開催されるが、今年の目玉と目されていたジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」以来12年ぶりの新作となる『アバター』はフッテージ(映像素材)の上映に留まるようだ。

2009年9月9日

【おしごと】アート合コンに潜入

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/09/08/gokon/index.html

2009年8月28日

GOOD DESIGN EXPO 2009開幕!

会場内にはミニ飛行船が

28日から『GOOD DESIGN EXPO 2009』が東京ビッグサイトで開催されます。昨日、一足早く拝見してきました。会場はまだまだ設営の真っ最中で、こうした展示会で設営が進行中の段階で公開するのはかなり珍しいと思いますが、JIDPO(日本産業デザイン振興会)の広報の前向きなスタンスには関心しますね。

会場にはグッドデザイン賞の二次審査対象の製品がなんと2,000点以上も! とてもじゃないけど、わずか1時間のプレビューでは回れないので、今年度新設の「フロンティアデザイン賞」のエリアと「ネットワーク領域」を中心に見てきました。


2009年8月17日

河口龍夫展がTwitterに


東京国立近代美術館で10月に開催される『河口龍夫展 言葉・時間・生命』が、Twitter内に展覧会アカウントを立ち上げました。こういう試みは他の美術館、ギャラリーでもやって欲しいものです。レセプションの時間なんか、特に忘れがちなので、当日にtwitterにpostされれば便利。

2009年8月8日

TWSでもエコ。大巻伸嗣が描くトーキョーの「絶・景」

よくみれば小舟の舳先には小さな鳥が街の方を向き、
いまにも飛び立ちそうに止まっています。


先週になってしまいましたが、8月1日からトーキョーワンダーサイト渋谷で『絶・景 真空のゆらぎ/大巻伸嗣』展が開催されています。

まず驚かされるのは、会場に海と砂浜が再現された作品「言葉の無い予言」なんとも夏らしく、涼しげに浜辺を再現して、浜辺を汚すゴミや漂流物の問題でも提起しようというのでしょうか? 薄暗い会場には妙に黒い砂が敷かれ、実際に水を引き入れた浜辺になっています。さらにその小さな小さな海には小舟が浮かび、その向こうにはどこかで見た事のあるような、街がぼんやり写し出されています。


2009年7月27日

アイ・ウェイウェイ展開催。CC採用で展示室内の撮影自由に

四川大地震で亡くなった多くの子どもたちを思って、
中国の小学生が使用している布製ランドセルで制作した「蛇の天井」

25日から森美術館ではじまった展覧会『アイ・ウェイウェイ展』。同展では一般来館者の展示室内撮影を試験的に許可しています。「クリエイティブ・コモンズ」の枠組みを適用すれば、ブログや写真共有サービスでの掲載も可能となります。今回の措置は出展者である中国人アーティストのアイ・ウェイウェイさんとMAMプロジェクト出展の日本人ビデオアーティストの小泉明郎さんが承諾した事で実現しており、個展という性格上、可能となりました。



2009年7月22日

【おしごと】エコ&アート展で日比野作品の制作に参加




http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/07/22/eco/index.html

2009年7月16日

【おしごと】東京国際ブックフェアリポート




出典: ascii.jp
東京国際ブックフェア2009レポート。電子書籍の最新動向をお伝えしたい。

2009年7月10日

ナイトな1/1 GUNDAM


昨日は東京国際ブックフェア。一日、ビックサイトにいるのってなかなか疲れます。
帰りはお台場で途中下車して、潮風公園で公開直前の1/1 GUNDAMにお目にかかってきました。20時を回っていたので、すっかり暗くなってましたが、
GUNDAMは自ら発光し、または外側からレーザー照射されていました。
ま、俗に言うところのライトアップですが。


2009年6月30日

IMAXで『トランスフォーマー・リベンジ』




6月19日に『トランスフォーマー・リベンジ』をIMAXシアターで見ました、って、このところバタバタで、折角、『世界最速先行上映』という初日より 前?の上映を、それもIMAXで観たと言うのに、すっかり感想を書くのを忘れていました。なんでもこの世界最速先行上映に行くともらえると言う「認定証」 は、結構な希少価値があるんだそうな。



マイケル・ジャクソンさんの思い出

マイケル・ジャクソンさんが亡くなって思い出すのが、1987年に初来日した時。ディズニーランドを貸し切りにして話題になりましたが、あの時、僕が当時勤めていた西武池袋を閉店後に貸し切ってショッピングをしたのは、いまは関係者ぐらいしか記憶にないかな。

その時は、会話こそできませんでしたが、割と近くでマイケルに会えました(いや、見た、という方が正確かな)。店にとっては超VIPなんですけど、気さくに社員に手を振って応えていた記憶があります。たしか、持ち場を離れたり、まして近づいたりしてはいけない、というお達しが出ていたと思いますが、やはり若い女性の多い職場なので、思わずキャーとかワーとか言っちゃうんですね。そういうのにも終始笑顔だった印象があります。やっぱりこの人はサービス精神いっぱいなんだな、と感じたものでした。

びっくりする事に、この時の映像というのを日テレが撮影していて、当時、一度だけ放送したんだそうです(最近までさっぱり知りませんでした)。その後は二度と放送される事がなかったのですが、今回、20年ぶりに再放送されました。僕は放送があった事を知らなくて、後からSPIDERで確認しました。早速、You Tubeにも上がっていました。8分30秒ぐらいからが西武池袋での映像です。ちなみに僕は映ってませんでした(^^);;

2009年6月29日

ワンダーな映像の裏側は?

このところハマっている番組に、NHKの『ワンダー×ワンダー』という番組があります。自然や人などテーマにこだわらずに、そこでしかみる事ができないワンダーな瞬間、ワンダーな映像を届けようと言うものです。

毎回、おおっ、と驚嘆させる映像が紹介されるのですが、これまで、巨大な水晶の森に迫った「結晶洞窟」、プロの登山家でも難しいという「冬富士」などが紹介されました。そして、圧巻だったのが「アンデスの天空の鏡」ウユニ塩原。広大な塩の大地は見渡す鍵に真っ白な世界です。ここに降った雨はわずか1センチにも満たないような深さの水面を創り出し、これが天空を写し出す巨大な鏡となる。さらにこの現象が夜起きれば、満天の星空が足下にも広がる、というわけです。


しかし、まったく光のない世界で、満天の星空をビデオカメラでおさめるのは至難の業。一体どうやって撮影したのだろう、と思っていたら、なんとスチルカメラで連続撮影して、これをつなぎ合わせて映像にしたのだとか。なるほど。ん、でもそれなら、解像度のメチャ高いRED ONEならいけたんじゃないのかな?


先日、取材したRED ONEのテッドシュロビッツ氏の講演で、ほとんど街灯のない場所で月明かりだけで、撮影したという映像を紹介していましたが、驚くほど鮮明な映像でした。ま、その辺は僕は専門家ではないので、今後、詳しい人に聞いてみたいと思います。


http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/06/16/redonerp/index.html

2009年6月25日

【おしごと】遠藤雅伸氏にインタビュー




出典: ascii.jp
「ゼビウス」や「ドルアーガの塔」など名作ゲームを生み出し、現在は東京 ディストリビューション・オブ・コンテンツ セミナーで教鞭をとる遠藤雅伸氏。同セミナー創始者である映画プロデューサーの公野勉氏とともに、自身が影響を受けてきたコンテンツや、コンテンツ業界そのものについて語っていただいた。

2009年6月14日

突然、雹が降ってきたよ





いましがた雷が鳴って、突然、雹が降ってきました。結構、大粒で2階にいると屋根を叩く音がものすごくて、マジびびりました。道路に降る量も半端なくて、数メートル先が霞んで見えないほどでした。

2009年6月12日

スペクタクルもなんにもない、ほんわか南極。うまそ〜、な映画『南極料理人』



試写で『南極料理人』を見た。公開は8月なので、真夏に南極の絵は涼しげだろうなと思っていたら、南極の映像なんかさっぱりなかった。あるのは次々に出てくるウマソ〜な料理ばかり(笑)


2009年6月10日

【おしごと】骨、ほね、ホネ……山中俊治ディレクション『骨』展


http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/06/10/bone/index.html

2009年6月9日

【おしごと】科学なアート、野村仁展




http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/06/05/nomura/index.html

2009年6月1日

アキバの古炉奈閉店……がなにかオカシナ事に

5月下旬に閉店が報じられた秋葉原駅前にある老舗の喫茶店、古炉奈がなんかオカシナ事になっている。

古炉奈からのお知らせ : 新装オープンのお知らせ

“中世ヨーロッパの世界観をコンセプトとした、欧風ギルドレストラン「グランヴァニアって………。これも変化し続ける街、秋葉原ってことでしょうか? でも、なにかが違うような。

映画の中でおとなりさんに。『おと・な・り』



熊澤尚人監督作品の『おと・な・り』を観てきた。

今日は1日。ファースト・デー。どこの映画館も混み混みでしょうね。こういう日は映画館に行くのは敬遠しているんだけど、打ち合わせと打ち合わせの間にぽっかりと3時間空いてしまったのだからしょうがない。などと思い悩んでいるうちにシネコンまで来てしまった。さて、やっぱりすげー混んでる。


J・J・エイブラムス『スタートレック』

怪獣好きな僕にとってのワースト2のキモ系モンスター映画「クローバーフィールド」を製作したJ・J・エイブラムス監督が次に挑んだのがこの『スタートレック』

テンポもいいし、VFXは申し分ない。スタートレックのお家芸ともいえる、タイムスリップものなところも申し分ない。若い頃のカークやスポックを描いた視点も面白い。面白いんだけどなんだろう? なにかが違うんだな。

エイブラムスはワクワク感を楽しんで欲しいと言ったそうだけど、なんかどうもワクワクがない。カークが入隊して、エンタープライズ号のクルーになるストーリーがなんか既視感がある、と思ったら、それって「スターシップトルーパーズ」じゃん。

いや、別にこの「スタートレック」が「スターシップトルーパーズ」みたいだって言っているわけじゃなくて、なんかエンタープライズ号のクルーは別に軍人だなんて、わざわざリアリティを見せつけてくれなくていいのよ。軍や軍人が身近な人々には違和感はないかもしれないけど、科学特捜隊の隊員を一度たりとも軍人だと思った事のない僕らにとってはなんか不要な要素。

軍人が軍務で遠く銀河の果てを目指すって、全然ワクワクがない。第一、スポックやボーンズが軍人だなんて………。

おまけ:カークがスポックを怒らせるシーンで、そのうちブチ切れて、カークの額をスパーッ、ってやっちゃうんじゃないか気が気じゃなかった。

2009年4月22日

【おしごと】ヌードの巨匠、KISHIN!!

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/04/20/kishin/index.html

【おしごと】シェラトン・グランデ・トーキョーベイ レポート


http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/04/14/grand/index.html


http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/03/03/sheraton/index.html

2009年4月8日

【おしごと】阿修羅展レポート


http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/04/07/ashura/index.html

2009年4月2日

今日のSPIDER_ユーミンと天津木村

僕はSPIDER zeroというすんごいマシンを持ってます。
詳しくはmixiに描いたこの日記をどうぞ。


で、このSPIDERの便利なというか、余計な機能にランダムで番組やCMのフラッシュをスクリーンセイバーとして見せてくれる機能があります。仕事をしているといつのまにか、このスクリーンセイバーで流れてきた気になる映像を思わず見てしまいます。今日のSPIDERでは、そうやってたまたま見つけた面白番組、CMをちらっと紹介していきます。え、もう終わった番組を紹介されても見られないって? そういう人こそSPIDERが必要なんです(^^)

で、今日のSPIDERは、

4月2日(木)0:35〜1:35
『松任谷由実のオールナイトニッポンTV3』
天津木村エロ詩吟対決!?

はい、あのユーミンがオールナイトニッポンをテレビで復活させた番組で、これで3回目になります。ゲストにはRIP SLYMEやEXILEに市川海老蔵、Perfumeとそっちの方が面白いんじゃない、というゲスト陣ですが、なんと言っても一番面白かったのが、最近、エロ詩吟で人気上昇中の天津木村でした。ユーミンはこの天津のエロ詩吟の大ファンだそうで、今後は天津ユーミンと名乗ると、天津への弟子入りまで口にしていました。で、ユーミンが考えてきたエロ詩吟を紹介しましょう。

ブリーフに
ぞうさんの顔を描いて
鼻のところに穴をあけておいた

〜あると思います!

こんなユーミンいややあ(笑)

【おしごと】JAPAN BRAND

JAPAN BRAND特集記事

別府で出会うのは、アートか混浴か?

4月11日から、大分県の別府温泉を会場に、別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』が65日間にわたって開催される。世界中からやってきたアーティストが、別府市内のさまざまな場所で、作品発表を展開する。現代アートだけでなく、音楽やダンスなどさまざまな芸術表現が取り上げられる、総合的な芸術祭と言える。

湯けむりの中で、世界中のアーティストが滞在して制作し、それを楽しもうと言う人々が地図を片手に作品をたずね、そうして街角で出会う。それがまさしくアートの混浴状態を生み出す。

メインとなる「アートゲート・クルーズ」の参加作家で僕が耳にした事があるのは、テキスタイルを使ったマイケル・リンぐらいで、日本ではあまり知られていない作家が中心だが、それはそれでいい発見になるとうれしい。

また、元々は台湾でアートユニットに参加していたインリン・オブ・ジョイトイが、満を持しての作家としての参加となるようだ。音楽についてはレイ・ハラカミ(映画『天然コケッコー』の劇伴は好きです)、テノリオン奏者としてこれからますます話題になりそうなHarp On Mouth Sextetなど、なかなか興味深いラインナップ。

さて、問題がひとつ。11日のスタートに取材に行く余裕(スケジュールと経費)があるか、と言う事だが、これが結構微妙。さて、どうしたものか。



2009年4月1日

Suicaペンギン


JRに乗るときは必ずと言っていいほど買っている水、From AQUA。
ま、大清水ってやつだな。

で、ひさびさに自販機じゃなくNEWDAYSで買ったらオマケ付きでした。

それも最近すっかりJR東のキャラとして定着したカンジのSuicaペンギン。
8パターンあって、なんかまともそうな「きよく。」にしました。結構かわいい。

ただ、写真と出来上がりが違うのがいまいちだな、と。





2009年3月30日

【おしごと】六本木アートナイト


http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/03/30/torayan/index.html

阿修羅のフィギュア!!!???


今日は朝から上野の森にある東京国立博物館で、明日31日から開催される
『国宝 阿修羅』展の内覧会に出てきました。


興福寺の阿修羅像と言ったら、奈良、鎌倉の大仏とはまた違った意味で人気の高い仏像ですね。
仏像マニアのみうらじゅんさんあたりに言わせたら、仏像界のアイドル”と言ったところでしょうか。

今回の展覧会は、興福寺中金堂再建事業の一環として計画されたもので、
天平伽藍(てんぴょうがらん)復興に不可欠な貴重な文化財から、
阿修羅像をはじめ、八部衆像、十大弟子像(いずれも国宝)、
中金堂基壇から発見された1400点をこえる鎮壇具(これまた国宝)など、
ルパ〜ンがさっそくやってきそうな勢いの展覧会です。



で、もちろん撮影した図版は勝手に載せるのは御法度なので、
博物館の外観だけで我慢と思っていたところ、会場を出たミュージアムショップではけ〜ん!
これがなんと、海洋堂制作による「国宝阿修羅展公式フィギュア」!
それもお一人様2体まで。5,000体限定なんだそうで、なんかすでに行列が。
お値段2,980円で自宅が興福寺になるなら、儲けもん?(ならないって)

ちなみに担当原型師の木下隆志さんは、ウルトラマンの原型師としての第一人者。なんかミョーに説得力あります。

それにしても、仏像のフィギュアってなんかヘン(笑)

ガンダム00、劇場公開へ!

今日、「機動戦士ガンダム00」が最終回を迎えた。
途中いろいろとあったが、なんとか納得のいくラストではなかったかと思う。
なんと言ってもコーラサワーが幸せになったしね。
それにしても、なんか含みのある、話が続きそうな終わり方だなぁ、と思っていたら。
3rd Seasonじゃなく、なんと!



じゃないっすか。こりゃ、見に行かなきゃ。
待てよ。2010年とは出ているけど、それ以上の情報はないし。
こりゃ、SEED映画化の二の舞? にならなきゃいいけど。

2009年3月29日

ブログ再開しました

しばらく、ってかかなり休んでましたが、ブログ再開しました。
今度はあまり気張らず、テキトーにやってきます。

火を吹く!ジャイアント・トラやん



昨晩は取材終わりで六本木アートナイトに行ってきた。夕方から翌朝までのワンナイトイベントだけど、大掛かりな作品もあって、わずか2日間ではもったいないカンジ。